« 投資銀行ってなんだろう?② | トップページ | 個vs組織 »

2008年10月23日 (木)

投資銀行ってなんだろう?③

サブプライム問題による金融不安により、アメリカから純然たる投資銀行が姿を変えてしまいましたが、日本の投資銀行はどうなってしまうのでしょうか? 個人的には、日本の投資銀行は基本的には現在のまま残っていくことになると思います。

というのも、アメリカの投資銀行が破綻したのは、投資銀行のコアのビジネスで失敗した訳ではなく、利益を最大限追求しようとして、余りにも巨額なリスク資産を抱えてしまったことが問題の根本だと思っています。日本の経営の仕組みでは、アメリカと比べて経営者に金銭的なインセンティブが与えられていなかったため、日本の投資銀行はそこまでリスクを取ったビジネスを行ってきていなかったと思います。もちろん、リスクを取ったビジネスをしたくともノウハウが無かったという背景もあると思います。

投資銀行の旧来のビジネスである資金調達の仲介や証券の売買は、今後日本でも必要とされていますし、当然米国でも求められています。その行為主体が日本では投資銀行であり続け、アメリカでは再度商業銀行に戻ったというのだと思います。

ただし、日本の投資銀行は存在し続けるとは思いますが、収益力は格段に下がるのではないかと思います。日本の投資銀行といえども、二次的に米国のレバレッジを掛けたビジネスの恩恵を被ってきました。その例が、ヘッジファンドとの取引です。今後は、世界的な信用収縮によってヘッジファンドに流入するマネーは減り続けると思います。

私見ですが、日本の投資銀行が成長していくためには、今までアメリカの投資銀行が行ってきたように、成長フロンティアへのビジネス展開がひとつの道だと思います。今までは、アメリカの投資銀行と勝負しようにも資金的にも能力的にも勝つことができませんでしたが、現在の環境では欧米の競合が拡大路線に走ることは考えられませんので、競争は緩やかだと思います。そのような成長余地の大きい地域にて旧来のビジネス(仲介業務)を展開することが、当面の成長戦略だと考えています。振り返ってみると、野村證券がリーマンブラザーズの欧州アジアの人員を引き継いだのは大正解だったような気がします。後は、その人々をいかにマネッジするかが問題ですが、頑張って欲しいです。一方で、個人的には三菱UFJのモルガンスタンレーへの資本注入は、愚作だと思います。高い金額で、経営権も取得できず、かつ成長余地の少ない米国を中心としたビジネスに投資するとは。。。僕の浅はかな考えにも及ばない戦略が実はあったりすることを期待してます。

« 投資銀行ってなんだろう?② | トップページ | 個vs組織 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 投資銀行ってなんだろう?③:

« 投資銀行ってなんだろう?② | トップページ | 個vs組織 »