« 出国準備 会計知識VS英語力 | トップページ | 投資銀行ってなんだろう?① »

2008年2月15日 (金)

英語力向上計画

日々、色々なことを学び様々なことを吸収し成長を感じていますが、1点上手くいっていないことがあります。
それは、英語です。
アメリカで生活すれば・。。。
そして毎日MBAの授業に参加すれば。。。
当然、上達すると思ってました。

ところが、英語を意識的にトレーニングしていないせいか、受験勉強中と比較して、下手になった??と思うほどです。

僕のMBA留学の目的のひとつに、「英語力向上!」があります。
ちょっと、ここで反省し、英語力に磨きをかけていきたいと思います。

というわけで、早速、英語勉強法関連の書籍を買ってしまいました。
1. 「達人」の英語学習法―データが語る効果的な外国語習得法とは

2. 最強の英語上達法 (PHP新書)

3. 英語勉強力―成功する超効率学習 (CD book)

一番お勧めは、2番の「最強の英語上達法」ですね。英語を勉強する気合も入りますし、具体的な勉強方法も書かれてよいです。

上記の本と、今までの経験を元に、今後の方針を考えました!

目標:ネイティブ並みを求めないが、仕事の会議等で苦なく内容を理解し、話の方向性を決定するような発言を効果的にするレベル
(具体的には、ビジネススクール卒業までにケースディスカッションで中心的役割を演じる。)

方法:
(総論)
・アウトプットの質と量の向上 
インプットした知識の質の向上には、意外にもアウトプットの質と量が重要
・実力+αの負荷をかける
やはり少しでも背伸びをしないと成長はない。積極的に授業で発言したり、クラスメートに話しかけたりしよっと。あと、飲み会にも参加しなくちゃ。
・実力はすぐには向上しないのだから、日々コツコツ、地道な努力を

(方法論)
・語彙
やはり語彙力がないと、聞けない、書けない、話せない。受験時のような地道な努力が必要。久々に、TOEFLテスト英単語3800 (TOEFL iBT大戦略シリーズ)でも見直そうっと。
・文法
リーディングではあまり問題ないが、意外にもスピーキングやライティングには重要。使える文法力がないと、簡単な文しか作れなくなっちゃう。とりあえず、良く使う仮定法と分詞構文は見直しておこうっと。
・音読
スピーキングのための筋トレ。口を動かす訓練は、意識的に行わなくては。シャドーウィングを復習するつもり。
・独り言
歩いている時などに英語で独り言を言うと、スピーキングの訓練になるらしい。日本でやると怪しい人かもしれないが、ちょっと試してみよっと。ちなみに、アナウンサーも訓練に、自分が見ている状況を独り言で説明するというのがあるらしい。
・ノート、スケジュール
こういうところも英語で書いて、少しでも書く量を増やす。
・リソースの活用
当然、授業は英語。教科書も英語。クラスメートも英語。極力、精神的にも英語のエクスポージャーを増やしてどんどん向上するぞ!
・家庭教師
とは言うものの、僕は弱い人間なので、ネイティブの家庭教師をつけよっと。

今後の経過はちゃんとアップします。

« 出国準備 会計知識VS英語力 | トップページ | 投資銀行ってなんだろう?① »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 英語力向上計画:

« 出国準備 会計知識VS英語力 | トップページ | 投資銀行ってなんだろう?① »